南国かぶれ日記・最終日の①

2013/04/16 ●  Archive, Diary

たかが5日間をくどくど詳細に書き続けましたが
ようやく終わりが見えました。お付き合いありがとうございます。

ブーン
ブーン

さて最終日。
今日の夕方にはチェンマイ空港に行かないとです。
ここでむしとわたしの抗争勃発。

わたし → けっきょく市場行ってないからぜひ行ってみたい
むし → 民芸品の傘を作ってるとこをぜひ見たい

しかし今日1日で両方はムリ…。どちらが折れるしかありません。

でも折れるのいやなので別行動にした。
このあたりで、ようやくタイはインドでもメキシコでもないって理解したので
のんきに一人行動もできちゃうってもんですよバンザーイ◝(⁰▿⁰)◜

市場と傘行きバス乗り場は近いらしいので、途中まで一緒に行って
「2時集合!」とスイカをかじりながら解散。
むしちゃんはサンデイマーケットでゆかいな腕時計を買ったのでこんな待ち合わせだってできちゃいます。海外旅行に時計をもってこないダメ旅人も成長したもんだね!ヤッタネ!

ようやくみつけた市場

タイの広場
放水をしてました

ミックスジュースを飲みながらお買い物。
ワコールやトリンプが激安!と黄色い本にあったので一応覗いてみましたが、
カップはA・B、アンダーは80以上が主流でした。断念。

Wranglarを物色する若いお坊様たちを物陰からみつめたり
おみやげ用ドライフルーツを味見させてもらって買ったり
タイの人がよく持ってる巨大ビニールバッグを買ったりしていたら
遠くからやってくるお坊様発見!!

お坊様発見

チャンス
敬うチャンス!

タイのお坊様
うやまいまくり

そしてお坊さんに失笑されました。

観光客のやる気が空回ったいい例です

おなかがすいたので食堂に入ったら、英語が通じない店でした。
かろうじてひとりだけ、手伝いの男の子がわかるらしくていろいろ話しかけてくれましたが、肝心のわたしが英語わからず…
必死で「パッタイ」って言ってたら何とかしてくれました。感謝!
(パッタイじゃないものが出てきましたが問題ありません)
斉藤兄弟に似ていたので、帰国したらファンになろうと決めた。ステキな笑顔だよ斉藤兄弟(タイのほう)。

荷物が重たくなったので、いったん帰ることにして、屋台でマンゴーと謎のフルーツを買いました。
ここのお兄さんも英語ができないらしく、あわててむかいのお店のお兄さんを呼んできてくれたのですが以下略

謎のフルーツは、「これなあに?」と聞いたら、英語でなんて言うのかわからないらしく頭を抱えていた。親近感♡
「あまい?」と訊いたらうなずいてたので買ってみました。
糖度の少なめの梨の味がしました。さっぱりしておいしい。

タイのマンゴー

マンゴー! ビニール入りで売られていた。

そして帰り道の途中にあった小学校で(休み時間だったらしい)男子小学生に全力で「ハロー!」って絶叫されて
負けじとハローって叫んでみたら投げキッスされたんですけどこれも海外モテにカウントしていいですか(必死)

帰路、まようかなーと思って、近所の有名ホテルの名前をつぶやきつつ歩いてたのですが、
(↑いざとなったらトゥクトゥクに連れてってもらうつもりだった)
初日に迷いたおしたおかげか無事帰れました。
マンゴーたべて、持ち込まない荷物入れにするために買った巨大ビニールバッグにワレモノ以外の荷物を詰めて(重いから、関空で送ろうと思ったのです)
それでもまだ時間があったのでもう一回出かけることにしました。

長いので分けます。つづく。

********* その間のむし *********

傘工房
傘工房にもだらけた犬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright (C) meme All Rights Reserved.