南国かぶれ日記・2日目

2013/04/01 ●  Archive, Diary

二日目はアユタヤに行きました。
「どうやらダイナミック」だけでどこまでいけるのか。
下調べは『地球の歩き方』パラ見のみです。しかも5年前刊行の。

あとこの日は寝坊をしてむしがチケット取りに行ってくれました。
なんて頼りになるの! ごめんよわたしも英会話ならうよ!(というか起きるよ!)

タイの列車

素敵な感じの列車だったので(袋入りの瓜の行商をしてたよ)
ひとりでウットリ「世界の車窓からごっこ」をしていたら、
車窓から見えたバイク二人乗りカップルが交差点のど真ん中でコケた。

旅先でなんという衝撃映像。半そでノーヘルだったけど、大丈夫だったのかな。無事をいのる。

衝撃映像といえば、途中で乗車してきたタイの若者が網棚に荷物を置くためにバンザイのポーズになったとき

衝撃映像

衝撃的な毛がバッチリ見えてしまってて目をみはりました。そしてむしは気づいてくれない

位置的には問題ないのかも…でも、濃度が…
どう判定したものか…なにげにむずかしい問題かもしれない…

こんなん書いていいのかなと思いましたが、
彼ったら観光客なわたしたちをことわりもなく写メ撮ってたらしいのでお互いさまです

そういえば以前鬼太郎茶屋に行ったときもむしちゃんと一緒だったのですが、
ちょうど中国人らしき方々が観光でいらしてて、その人も衝撃的にはみだしてました。

衝撃映像

このときもむしは気づいてくれなんだ。

まさか、ノーパンで色々見せるのがアジア男子のスタンダード…?
もしや腰ばきの文化がまちがって伝播してしまったのでしょうか。うわあ、いたたまれない!


いたたまれながってるうちにアユタヤ到着。

ここでは泊まらないで、夜行でチェンマイに向かうことにしたので駅に荷物を預けてしまいました。
そういや駅のトイレが有料でびっくり。遺跡でも有料だったんですけど、タイって全部そうなの?

荷物預かり所を探してうろうろしていたら、駅で張っていたらしいドライバーの青年が案内してくれました。
そして恒例の営業タイムです。そうくると思ったよーだ。

「ふたりで2000バーツ」と提示されたのですが、昨日の件で気が立っていたので
邪険にしていたら1000バーツまで下がりました。(´°д°`)↯↯なにそれ
まだ気が立ってましたが、むしに「もう時間ないしいいじゃん」と言われ、
正論だ! とうろこが落ちたので彼で手を打ちました。

見たところトゥクトゥクより大きい、乗り合い風の車だったから相場が高いのかもしんないし
もういい。交渉に疲れました。
(どっちかが苛立ってるとどっちかが冷静になるしくみができてて
結果的にうまいこといってるので、抵抗しないことにしてます)

以下観光。

ねこ
なんという営業妨害

ねこ
なんという寝顔

犬
犬だって寝ているよ

エロい鉢植え
マンドラゴラ発見

エロい鉢植え
えろい!

アユタヤアユタヤ
ダイナミックアユタヤ

ねこ

この子は目が合ったら寄ってきました。撫でたおしてやりました。

ねこ


ええと、とても素敵なところだったんですけど(遺跡すき)
戦争のせいで仏像が壊されているところなので、仏像系の写真は自粛。

どのくらい素敵だったかというと、わたしの現地メモに
なぜわたしはミステリーハンターを志さなかったのか!
って太字で書いてあるぐらいです。人生を悔やんだみたいです。

10〜20バーツくらいで紙片に挟まれたちっちゃな金箔を渡されて、仏像に擦りつける、という
お布施(?)があったんですがこれって戦時中に金箔をはがされちゃったってことかな…と。
(ガイドさん雇わなかったので、想像ですけどね)

仏像によっては、全身ピカピカに金が付いてるのもあって、
このちっちゃな金箔(しかもすぐはがれる!)でこんなに! と感銘をうけました。愛だわー。

有名なワット・プラ・マハタート(仏像の頭部が木の根に取り込まれてる)にも行ったんですが、
警備員の方がいらして「ほとけさまより高い位置から写真を撮るな」と注意を受けました。
全面的に正しい!と思ったので、しゃがんで撮ってきました。

なんか、いいなあ。素敵。なんていうか、敬意が自然な感じ。
宗派はだいぶ違うけどいっぱい拝んできました。うちは田舎のゆるい仏教ですけど、おなじほとけさまですし。

なんだかんだで
芝生でゴロゴロしてみたり、裸足でペチペチ歩いてみたり、水を顔面に被ってみたり、
椰子の実がとうもろこし味だったり、象を触ったらキルティングみたいな肌ざわりだったり、
猫をおいかけてみたりしてたら機嫌が直りました。楽しかった!
結果的にドライバーさんに感謝。効率よく回れました。
風通しのいい車で大通り走るのも楽しかったし、元は取れたよ。

駅まで送ってもらって(途中夕飯にものすごいライトアップされたレストランに
連れてかれそうになったりもしつつ)
観光終了。
駅前のセブンイレブンで買い物をして屋台でおそばを食べて、寝台車へと。

タイの汁そば

おつゆ飲み干すぐらいおいしいけど量が足りない。肉串買っとけばよかった
(屋台をいくつかはしごするのがスタンダードらしいです。敗因は勉強不足)

そして、いざ寝台車に乗ってみたら、むしとだいぶ席が離れていました。
到着が7時半てことしかわからないのに、時計はふたりでひとつ。
ヤッベ!と思ったときにはカーテン閉まってました。どこがむしの席かわからない…!

_(:3」∠)_

運を天にまかせました。
チェンマイ終点だったヨたぶん! と自分に言い聞かせて、
ハンドクリームと飲料水で無理やり日焼け止め落として就寝。
国境越えちゃったらさすがに困るな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright (C) meme All Rights Reserved.